一休・正三・白隠 ─高僧私記

庶民に親しまれた一休、武士道を加味した禅を唱えた正三、臨済宗中興の祖といわれた白隠――三人の禅僧の生涯と思想を力強く描く。

一休・正三・白隠 ─高僧私記
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 480円(税込)
  • Cコード:0115
  • 整理番号:み-7-1
  • 刊行日: 1987/07/28
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-02150-7
  • JANコード:9784480021502

この本の内容

その独特の言動、言い伝えなどで庶民に親しまれた一休。幕臣から出家し、武士道を加味した禅をとなえた鈴木正三。名刹をはなれ諸国を遍歴、教化につとめて臨済宗中興の祖といわれた白隠。この3人の禅僧の生涯と思想に添いつつ、水上氏独自の仏教観をくりひろげる。

この本の目次

一休のこと
鈴木正三
白隠

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可