温泉百話 西の旅

種村 季弘 編集 , 池内 紀 編集

居ながらにして名湯秘湯を訪ねられる、温かい温泉エッセイ40篇。西日本の温泉を野坂昭如、田中小実昌らの味わい深い随筆で紹介する。

温泉百話 西の旅
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 748円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:た-1-7
  • 刊行日: 1988/02/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:448
  • ISBN:4-480-02201-5
  • JANコード:9784480022011
種村 季弘
種村 季弘

タネムラ スエヒロ

1933-2004年。東京生まれ。東京大学文学部卒業。ドイツ文学者。該博な博物学的知識を駆使して文学、美術、映画など多彩なジャンルで執筆活動を展開した。『東京百話(天・地・人)』『書物漫遊記』『贋物漫遊記』『謎のカスパール・ハウザー』『不思議な石のはなし』『徘徊老人の夏』『江戸東京《奇想》徘徊記』など著書・編著書多数。

池内 紀
池内 紀

イケウチ オサム

1940年、兵庫県姫路市生まれ。ドイツ文学者。エッセイスト。主な著書に、『ウィーン・都市の詩学』(73年)、『諷刺の文学』(78年・亀井勝一郎賞)、『海山のあいだ』(94年・講談社エッセイ賞)、『見知らぬオトカム――辻まことの肖像』(97年)、『ゲーテさんこんばんは』(2001年・桑原武夫学芸賞)、『二列目の人生』(03年)、『ひとり旅は楽し』(04年)、『森の紳士録』(05年)、『池内紀の仕事場』(全8巻・04年−05年)など。主な訳書に、カネッティ『眩暈』(1972年)、ジュースキント『香水』(88年)、ロート『聖なる酔っ払いの伝説』(89年)、ゲーテ『ファウスト』(99年・毎日出版文化賞)、『カフカ小説全集』(全6巻・2000年−02年・日本翻訳文化賞)など。

この本の内容

全国の温泉をめぐる各エッセイ・小説を地域別に東の旅、西の旅の全2冊に編集。本巻は西の旅であり、九州、中国、四国、関西、北陸の名湯秘湯をめぐる旅。別府、道後、由布院、三朝、壁湯などの各地の温泉を、野坂昭如、田中小実昌、有吉佐和子、田辺聖子、吉行淳之介、永井龍男、織田作之助らの味わい深い随筆で案内する。

この本の目次

豊臣秀吉と淀君(野村吉哉)
壁湯岳の湯ひとり旅〈壁湯〉(川本三郎)
朝霧と蛍の宿〈由布院〉(永井龍男)
別府・紀行〈別府〉(吉行淳之介)
道後温泉の夜〈道後〉(吉行淳之介)
皆生温泉の巫女ヌード〈皆生〉(野坂昭如)
ふるさと城崎温泉〈城崎〉(植村直己)
日高川にひそむ竜神温泉〈竜神〉(有吉佐和子)
湯涌白雲楼のヤマボウシ〈湯涌〉(山口瞳)
山中温泉〈山中〉(松川二郎)
みちの記〈山田〉(森鴎外)
七つの蓮華と幽霊の画〈岡部〉(正岡容) ほか

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可