世界を見てしまった男たち ─江戸の異郷体験

江戸時代、鎖国下に難破・漂流から心ならずも異国を見てしまった男たち。その冒険と体験を精緻にあとづけ、彼らの認識のあり方を探る。

世界を見てしまった男たち ─江戸の異郷体験
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 619円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:は-7-1
  • 刊行日: 1988/03/29
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:416
  • ISBN:4-480-02209-0
  • JANコード:9784480022097

この本の内容

484日の海上漂流を強いられた督乗丸、幾組もの漂着者をうけ入れた絶海の孤島・鳥島、日本人として初めてアメリカへ渡った永住丸…。江戸時代の漂流をめぐって、それぞれの当事者たちの苦難と驚きにみちた冒険と体験を精緻にあとづけ、鎖国下において実際に〈異郷〉の土地をふんだ人々、“世界を見てしまった男たち”の行動と認識のあり方を探るノンフィクション。

この本の目次

督乗丸の謎―海上漂流484日
無人島物語―ある島の伝記
日本人最初の世界一周―皇帝とともに気球を見る
はじめてのアメリカ―変らぬものは心なり
韃靼漂流記―万里の長城を越えて
「英国市民」力松の孤独―国際性の代償
中国を見た人々―漂流の帰途で

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可