私と天皇・人びとのなかの天皇

小田 実

なぜ天皇はあり続けているのか? さまざまな人の言説、出来事から検証しつつ8月15日の意味を考え、「私」における天皇を再検討。

私と天皇・人びとのなかの天皇
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 374円(税込)
  • Cコード:0136
  • 整理番号:お-7-1
  • 刊行日: 1988/04/26
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:4-480-02223-6
  • JANコード:9784480022233

この本の内容

天皇とはなにか。私たちにとってどういう存在なのか。戦後の天皇の「成立」を、さまざまな人の言説、さまざまな出来事から検証しつつ8月15日の意味を考え、「私」と天皇の関係を改めて問い返す。企業と天皇のある種の結びつき、民主主義と天皇、市民社会と天皇についても考察をすすめ、さらに、その戦争責任とわかちがたいアジアの人びととのかかわり合いについて論及。天皇について考えるための絶好の一冊。

この本の目次

1 私と天皇(ピラミッドと天皇
天皇の声
「象徴」という人間
「現人神」と「臣のいのち」
国家的祈りと個人的祈り
二つの天皇観―「顕教」的天皇と「密教」的天皇
「人間宣言」の意味)
2 「このふつうの人間」のこわさ(「このふつうの人間」のこわさ
「企業ぐるみの自分」・「企業ぐるみの日本」・「企業ぐるみの天皇」
「玉音」と「エビフライ」と「夾竹桃」)
3 民主主義・「市民社会」の「敵」としての天皇

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可