広島第二県女二年西組 ─原爆で死んだ級友たち

関 千枝子

8月6日、級友たちは勤労動員先で被爆した。突然に逝った39名それぞれの足跡をたどり、彼女らの生を鮮やかに切り取った鎮魂の書。
【解説: 山中恒 】

広島第二県女二年西組 ─原爆で死んだ級友たち
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 880円(税込)
  • Cコード:0121
  • 整理番号:せ-4-1
  • 刊行日: 1988/06/28
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:304
  • ISBN:978-4-480-02241-7
  • JANコード:9784480022417

著者からのメッセージ

ヒロシマの惨禍を風化させてはならない[全文を読む]

この本の内容

勤労動員にかり出された級友たちは全滅した。当日、下痢のため欠席して死をまぬがれた著者が、40年の後、一人一人の遺族や関係者を訪ねあるき、クラス全員の姿を確かめていった貴重な記録。

この本の目次

序章 8時15分―広島市雑魚場町
第1章 炎の中で
第2章 学校に帰った級友たち
第3章 “南へ”―業火に追われて
第4章 島へ
終章 8月15日
意外の章(1)耐えて生きる
意外の章(2)原爆と靖国
“スキャンダル”のあと―『広島第二県女二年西組』余聞

読者の感想

2007.6.09 斉藤正恵

関千枝子さま 先月、大阪の「天音堂」なるギャラリー内に設置さるヒロシマ文庫にて、「広島第二県女二年西組」を発見いたしました。たしか、母が学徒動員していた学校だったと手に取り開きましたら、集合写真に我母なるを見つけ驚嘆しました。思わず画廊の堂守山口平明氏(毎日新聞記者なる父上は直爆死され、未だに遺骨も遺品も見つかっていない由)に拝借を願いそのまま広島へ持ち帰りました。数年前の吟行で大腿骨骨折して以来、行動半径短く暮らしてはおりますが、行方不明者藤井秀子我母なるは、此処広島にて、しかと生きておりますこと、お伝えしたくなりました。近頃では、お役は終わったとしきりに申し、目も耳も遠くなってきておりますが、珍しくご本を完読させて頂いたようです。有り難いことと、娘私もこれから、拝読させて頂きます。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可