犯罪百話 ─昭和篇

名高い大犯罪者からスリ、コソ泥まで「昭和」の世相を背景に登場。坂口安吾、大宅壮一、安部譲二、野坂昭如らが生き生きと描く塀のうちそと。

犯罪百話 ─昭和篇
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 854円(税込)
  • Cコード:0136
  • 整理番号:お-8-1
  • 刊行日: 1988/09/27
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:544
  • ISBN:4-480-02264-3
  • JANコード:9784480022646

この本の内容

阿部定、正田昭、小原保、大久保清、三浦和義、かい人21面相…といった“名高い”犯罪者から、コソ泥、スリ、サギ師まで、昭和の時代を背景に、多彩なドラマを演じた人びとの物語。犯罪そのものの話だけでなく、警察官や塀の中の世界までも登場する。筆者には内田百(けん)、坂口安吾、大宅壮一、大岡昇平、吉野せい、種村季弘、野坂昭如、安部譲二、南伸坊など多土済々。

この本の目次

1 サギ師の舞台(サギ師の舞台
どうせこの世は出たとこ勝負
万博型結婚詐欺 ほか)
2 泥坊三昧(小山田三郎
いもどろぼう
大金塊を盗まれた天賞堂
疎開と浮浪とスリ学校
大堀重雄サンと… ほか)
3 警察官の生活(巡査拝命
35年の刑事生活を終えて ほか)
4 塀の中の世界(戦慄の少年院時代
早春の前橋刑務所
ニセ医者日本一の腕前 ほか)
5 阿部定という人(阿部定騒ぎ
阿部定隣室観察十日間
阿部定さんの印象 ほか)
6 三面記事の世界(「赤マント」社会学
生きている「団地内主婦殺し」
21面相の手紙抄 ほか)
7 殺人事件帖(金属バット殺人事件
豊田商事・会長刺殺事件 ほか)
8 十三の階段(こんにちは、事件屋です
遺書 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可