老いの微笑

人生の秋から冬。誰をも訪れる老い、衰え。この肉体にせまる事実を冷静にみつめ、思索した、精神の輝きを伝えるエッセイ。

老いの微笑
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 533円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:な-7-1
  • 刊行日: 1989/04/25
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:4-480-02313-5
  • JANコード:9784480023131

この本の内容

「下手な遠慮をせず、自分も生き、生かせていこう…」いつの日か誰にでも訪れるはずの「老い」と「衰え」、そして「死」。ひとはこれらをどのように迎えたらよいのだろう。老いと衰えのさまざまな兆候と症状を冷静にみつめ、思索してきた著者のエッセイ、小説を収める。

この本の目次

自然と人生
老いの微笑 1(老いの門口
冬の色
老境
思想の老若
耳の老い)
日記から(昭和49年)
老いの微笑 2
(老いの微笑
老いの可能性
「若さ」と「老い」
記憶の穴
くりかえし
60前
死者を考え、死を見る)
古い記憶
庭の顔
鎌倉に暮らして
老いの微笑 3(私の健康法
「知人多逝」
ならび年
入れ歯
若い散歩者たち
先刻承知)
自分を生かす
自分は大切か
人生は「思うように」なるか
朝飯
彼岸
形見

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可