夏目房之介の漫画学 ─マンガでマンガを読む

夏目 房之介

手塚治虫、杉浦茂など、傑作マンガの数々を、模写(マネ)することにより、縦横無尽にブッタ斬る、面白マンガ批評の決定版!
【解説: 夢枕獏 】

夏目房之介の漫画学 ─マンガでマンガを読む
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体560円+税
  • Cコード:0179
  • 整理番号:な-13-1
  • 刊行日: 1992/06/22
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-02625-8
  • JANコード:9784480026255

この本の内容

手塚治虫、桑田二郎、杉浦茂、山岸涼子などの名作を、模写(マネ)することによって分析する異色マンガ論。「模写することは、なかば原作者になりきることであって、描いた人の気持ちまでワカる気がする」と断言する著者が、戦後マンガを縦横無尽にブッタ斬る。

この本の目次

1 なつかしのマンガたち
2 マンガの過熱時代
3 マンガ女体論
4 コマについての2〜3の事柄
5 マンガ家の実像と感性

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可