現代史を支配する病人たち

P・アコス 著 , P・レンシュニック

ルーズヴェルト、スターリン、ケネディ……世界の指導者たちが重病人だったことを克明なデータをもとに説く戦慄のレポート。

現代史を支配する病人たち
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 1,004円(税込)
  • Cコード:0122
  • 整理番号:あ-16-1
  • 刊行日: 1992/08/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:432
  • ISBN:4-480-02640-1
  • JANコード:9784480026408

この本の内容

1945年2月、ヤルタ会談にのぞんだルーズヴェルトは脳の小動脈での小さな破裂(アルヴァレス病)で精神は朦朧、肉体は完全に死にかかっていた。そのため、スターリンは会議を自己に有利な方向に運んでしまう。しかし、スターリンやチャーチルの脳の中でも同じ病気が進行していた。ケネディ(アジソン病)、ニクソン(強迫神経症)、フルシチョフ(躁鬱病)、毛沢東(老人性痴呆)など、世界の指導者がその在職中から、ことごとく重病人であったことを克明な臨床データをもとに説く、戦慄のレポート。

この本の目次

ルーヴズェルト(フランクリン)
ウィルソン(トマス・ウッドロー)
アイゼンハワー(ドワイト)
ケネディ(ジョン・フィッジェラルド)
ジョンソン(リンドン)
ニクソン(リチャード)
ヒトラー(アドルフ)
ムッソリーニ(ベニト)
チェンバレン(ネヴィル)
ダラディエ(エデュアール)
ガムラン(モーリス)
チャーチル(ウィンストン)
サラザール(アントニオ)
フランコ(フランシスコ)
アデナウアー(コンラート)
ド・ゴール(シャルル)
ポンピドー(ジョルジュ)
モッター(ジューゼッペ)
ピオ12世
レーニン
スターリン
フルシチョフ(ニキータ)
ブレジネフ(レオニード)
イーデン(アンソニー)
ナセル(ガマル・アブデル)
周恩来
毛沢東
結論 医者の守秘義務とは?権力濫用に対する国民の正当防衛とは?

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可