焔に手をかざして

石垣 りん

都会で一人暮らす詩人の胸をよぎるゆかりの人、なつかしい日々――。やさしさと残酷さ、運命の重みに彩られた人生の哀歓。

焔に手をかざして
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 682円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:い-7-2
  • 刊行日: 1992/09/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:4-480-02649-5
  • JANコード:9784480026491

この本の内容

雨の音を聞かなくなって久しい―。雨だれの音、土にしみ込む雨足。便利になって得たものと、失ったもの。都会で一人暮らす詩人の胸をよぎるゆかりの人、なつかしい日々。それはやさしさと残酷さ、人生の重みに彩どられている。豊かな感性ですくいとられた人生の哀歓。

この本の目次

1 暮しの周辺
2 言葉・読むこと書くこと
3 ゆかりの人・人
4 この岸で

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可