手塚治虫はどこにいる

夏目 房之介

これまで、テーマ主義的にしか語られなかった手{@EBD0}論を全面否定し、線とコマ割りから手{@EBD0}治虫を捉えなおす画期的論考。
【解説: 氷室冴子 】

手塚治虫はどこにいる
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体485円+税
  • Cコード:0195
  • 整理番号:な-13-3
  • 刊行日: 1995/12/04
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:4-480-03130-8
  • JANコード:9784480031303

この本の内容

これまで、テーマ主義的にしか語られなかった手塚論を全面否定し、線とコマ割りの面から手塚治虫を捉えなおす画期的な手塚治虫論。戦後約15年間の生命感に溢れていた線は、劇画やアニメとの関わりの中で、矯正を強いられてゆく。数度にわたって描き直された「ジャングル大帝」等をテキストに手塚作品の本当の面白さと表現論的な意味を探る。

この本の目次

序―手塚さんの死
手塚治虫像―宝塚・戦争・マンガ
初期手塚マンガの楽しさ―モッブシーン
『新宝島』―コマの革命はあったのか?
『新宝島』の読み方―表現論
ヒョウタンツギ―方法的アソビの意味
落書き記号の面白さ―線の思想
手塚的な目玉たち―自意識
『ジャングル大帝』―「物語」と画像
月刊誌黄金期―『アトム大使』から『0マン』へ〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可