君たちの生きる社会

伊東 光晴

なぜ金持や貧乏人がいるのか。エネルギーや食糧問題をどう考えるか。複雑になった社会の仕組みや動きをもう一度捉えなおす必要がありそうだ。

君たちの生きる社会
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 770円(税込)
  • Cコード:0136
  • 整理番号:い-36-1
  • 刊行日: 1996/09/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-03186-0
  • JANコード:9784480031860
伊東 光晴
伊東 光晴

イトウ ミツハル

一九二七年生まれ。京都大学名誉教授。主な著書に『ケインズ』『現代に生きるケインズ』(以上岩波新書)『コンメンタールケインズ一般理論』(共著、日本評論社)『君たちの生きる社会』(ちくま文庫)『伊東光晴経済学を問う』(全三巻、岩波書店)『岩波現代経済学事典』(編、岩波書店)などがある。

この本の内容

日本の社会はどんな仕組みや動きでなりたっているのか。世の中には、なぜ金持や貧乏人がいるのだろう。みんなが金持になれないのは、なにかしかけがあるのかもしれない。それに、もうすぐ石油がなくなるとか、食糧危機がくるとかさわがれているけれど、ほんとうだろうか。複雑になった社会の仕組みや動きを、もう一度考えてみる必要がありそうだ。

この本の目次

おどろくな、あわてるな
お金の世界―内と外
日本の社会を考える―欧米とのちがいのなかで
技能に生きる世界―そこにかくされているもの

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可