生きることの意味青春篇 1 ─少年の闇

高 史明

少年時代を描いて感動を呼んだ前作の続編というべき自伝三部作。戦後混乱期を小悪党としてしか生きられなかった著者の目覚めへの旅の始まり。

生きることの意味青春篇 1 ─少年の闇
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 定価:本体600円+税
  • Cコード:0110
  • 整理番号:こ-1-4
  • 刊行日: 1997/01/23
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-03251-7
  • JANコード:9784480032515

この本の内容

『生きることの意味』で多くの読者の心をとらえた著者が、自らの歩みを根源から問い直し、書き下ろした長篇三部作。第一部は、下関での誕生から、東京へ出奔する18歳までを描く。日本人として生まれた朝鮮人という歴史の闇を背負い、貧困と差別のなかで歪んでいく主人公。彼を受け入れてくれるのは不良仲間だけだった。そして、暴力事件を繰り返し、少年刑務所に送られる。出所した彼は太腿に彫った入れ墨を自らの手で焼き消し、新しい出発を決意する。

この本の目次

“奇妙な”存在(“奇妙な”日本人の誕生
シツ、ジツ、ゴウ、ケン
阪井先生のこと ほか)
仄明かりを見つめて(監房の高い天井
監房長との争い
懲罰房での出会い ほか)
入れ墨を焼く(出所祝いの豆腐
父の沈黙・朝鮮の悲劇
入れ墨を焼く ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可