こいつらが日本語をダメにした

赤瀬川 原平 著 , ねじめ 正一 著 , 南 伸坊

「道草を食う」とは何を「食う」のか? 慣用句や格言を解体し、とんでもない内容につくりかえる、まったくもってふとどきな珍明解国語辞典。

こいつらが日本語をダメにした
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 836円(税込)
  • Cコード:0181
  • 整理番号:あ-10-12
  • 刊行日: 1997/04/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:336
  • ISBN:4-480-03263-0
  • JANコード:9784480032638
赤瀬川 原平
赤瀬川 原平

アカセガワ ゲンペイ

1937年横浜生まれ。画家。作家(尾辻克彦)。60年代には「ハイレッド・センター」など前衛芸術家として活動、70年代には「櫻画報」など独自の批評を盛り込んだイラストレーターとして活躍、81年には『父が消えた』で芥川賞を受賞。1986年、藤森照信、南伸坊らと「路上観察学会」を結成。他に高梨豊、秋山祐徳太子との「ライカ同盟」、山下裕二との「日本美術応援団」の活動がある。2014年没。

南 伸坊
南 伸坊

ミナミ シンボウ

1947年東京生まれ。イラストレーター・エッセイスト。雑誌「ガロ」の編集長を経て、80年よりフリーとなり、イラストレーション+エッセイで活躍。著書に『おじいさんになったね』(海竜社)、『健康の味』(白水社)、『本人伝説』『本人遺産』(文藝春秋)他多数。

この本の内容

たとえば道草を食うとはなにを食うのか。3個の礼とはいったいなにか。日ごろよく使う格言、成句をめちゃめちゃにこわし、まったく別の意味を引き出し、とんでもない内容につくりかえる、まったくもってふとどきな、珍明解国語辞典。

この本の目次

第1章 言葉の原価計算
第2章 言葉の因数分解
第3章 言葉の検便
第4章 言葉の初場所
第5章 言葉の生活設計
第6章 言葉の耳鼻咽喉科
第7章 言葉の生物観察

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳

 公開可   公開不可