風俗の人たち

永沢 光雄

平成日本の性風俗とそこに生きる人たちをユーモラスな筆致でとらえたルポルタージュ。『AV女優』で話題を呼んだ著者の第二作。
【解説: 永江朗 】

風俗の人たち
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 858円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:な-24-1
  • 刊行日: 1999/10/21
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:528
  • ISBN:4-480-03515-X
  • JANコード:9784480035158

この本の内容

人びとの歓びと哀しみが交差する「風俗」の世界。バブル末期には、異常に盛り上がり、やがてバブルが崩壊し、エイズの恐怖が喧伝されるにしたがって、冬の時代を迎える。人々は、あの手この手のアイデア商法をひねりだしていった。平成日本の性風俗とそこに生きる人たちをユーモラスな筆致でとらえた異色のルポルタージュ。『AV女優』の永沢光雄、待望の第二作。

この本の目次

テレクラ―1990年4月
SMクラブ―日暮里・1990年5月
美療マッサージ―池袋・1990年6月
本番ストリップ―1990年7月
女装プレイ―池袋・秋葉原・1990年8月
ロリコン―高田馬場・1990年9月
ダッチワイフ―上野・1990年10月
ホテトル―渋谷・1990年11月
ニューハーフ―入谷・1990年12月
幼児プレイ―六本木・1991年1月〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可