東京の江戸を遊ぶ

なぎら 健壱

江戸の残り香消えゆくばかりの現代・東京。異才なぎら健壱が、千社札貼り、猪牙舟、町めぐり等々、江戸の「遊び」に挑む!
【解説: いとうせいこう 】

東京の江戸を遊ぶ
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 880円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:な-17-4
  • 刊行日: 2000/10/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-03595-0
  • JANコード:9784480035950
なぎら 健壱
なぎら 健壱

ナギラ ケンイチ

1952年、東京銀座生まれ。70年、中津川フォークジャンボリーに飛び入り参加したことがきっかけでデビュー。以後、音楽のみならず、映画、テレビ、ラジオの出演、執筆などで幅広く活躍。『東京酒場漂流記』『東京の江戸を遊ぶ』『東京路地裏暮景色』(ちくま文庫)など著書多数。

この本の内容

江戸は遠くになりにけり…東京に残る江戸文化、時にまかせて消えゆくばかり、これを見すごしちゃあいられねぃ!千社札を神社に貼り、猪牙舟に見立てたカヌーで川をくだり、隅田川の渡し跡をたずねあるき、浅草のディープスポットでちょいと一杯…銀座は木挽町に生まれた異才、なぎら健壱が現代の東京で江戸のアウトドアホビーに挑む。

この本の目次

第1景 千社札・考
第2景 東京で富士登山
第3景 落語『黄金餅』を歩く
第4景 東京に名水あり!
第5景 神田川をカヌーで下る
第6景 暑気払いで谷中・巣鴨に墓参り
第7景 隅田川、渡しの跡をサイクリング
第8景 東京・はとバスツアー
第9景 『本門寺暮雪』片手に鬼平を歩く
第10景 地元深川で七福神巡り
第11景 浅草
第12景 雪月花の名所に江戸の名残をもとめて
巻末特別鼎談―江戸っ子にとってのアウトドア・ホビーとは

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可