現代ヤクザ録

山平 重樹

いま裏社会は、どうなっているのか? 昔ながらのヤクザは実際に存在するのか? ヤクザ取材の最前線からの最新レポート。
【解説: 長谷川三千子 】

現代ヤクザ録
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 770円(税込)
  • Cコード:0136
  • 整理番号:や-26-1
  • 刊行日: 2001/02/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:304
  • ISBN:4-480-03625-3
  • JANコード:9784480036254
山平 重樹
山平 重樹

ヤマダイラ シゲキ

1953年山形県生まれ。法政大学卒業後、フリーライターとして活躍、アウトローものを得意分野とする。実録小説、ノンフィクションなど多数の著作がある。原作映画化作品に「残?」「morocco横浜愚連隊物語」「実録新宿の顔」などがある。主な著作に「ヤクザに学ぶ交渉術」(幻冬舎アウトロー文庫)、「実録神戸芸能社」(双葉社)、「ヤクザに学ぶ組織論」(ちくま新書)、「連邦刑務所から生還した男」「冤罪・キャッツアイ事件」(小社刊)などがある。

この本の内容

暴対法、長期化する不況の影響をうけ、裏社会に何が起っているのか?絶えることのない抗争、危ぶまれるマフィア化の進行、市民社会をも侵食する拳銃・覚せい剤。裏社会にも押し寄せる高齢化・情報化の波。ヤクザ冬の時代ともいうべき現代を生きる男たちが考えていることは?ヤクザ取材の最前線で活躍する著者が送る最新リポート。

この本の目次

第1章 土壇場のヤクザたち(土壇場に見る侠気
土壇場の覚悟
ある親分の最期 ほか)
第2章 ヤクザ社会うらおもて(仲裁人、“時の氏神”たち
ヤクザにとって貫目とは?
一家・会・組のちがいとは? ほか)
第3章 裏社会レポート(親分の条件
ヤクザ社会最大行事とは?
博徒とテキヤの平和共存への道のり ほか)

読者の感想

2010.1.12 893

理解度が深まる本ですね

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可