翻訳者の仕事部屋

原作の息吹を自らの言葉で伝える――訳者は「役者」だ。訳した本は二百冊以上、とにかく本が好きな著者によるエッセイ。翻訳実践講座付き。

翻訳者の仕事部屋
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 924円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:ふ-30-1
  • 刊行日: 2001/12/13
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:368
  • ISBN:4-480-03693-8
  • JANコード:9784480036933

この本の内容

作品ごとに異なる人生を生きる。原作の息吹を自分の言葉を使って伝える。訳者は「役者」なのだ。手がけた翻訳は200冊以上。とにかく本が好き、人前に出るのは嫌い。考古学者のようにあれこれ調べて推理して、答えを掘りあてたときは、こたえられない。そんな翻訳稼業のあれこれを語る、待望のエッセイ。

この本の目次

1 私の翻訳作法(翻訳者はセンスと想像力で勝負する
虚実皮膜のあいだで ほか)
2 仕事机から離れて(川のある町々
思い出のメルヘン『ニルスのふしぎな旅』 ほか)
3 こんな本を訳したり読んだり(永遠の名探偵
ベーカー街で朝食を ほか)
フカマチ式翻訳実践講座(私の翻訳テクニック
たぬきでいこう ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可