私説東京繁昌記

小林 信彦 著 , 荒木 経惟 写真

日本橋に生まれ育った著者が、東京オリンピックを境に急激に変貌を遂げた東京を、写真家・荒木経惟氏と歩き綴った極私的東京史。
【解説: 吉本隆明 】

私説東京繁昌記
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 990円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:こ-4-18
  • 刊行日: 2002/04/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:368
  • ISBN:4-480-03722-5
  • JANコード:9784480037220
小林 信彦
小林 信彦

コバヤシ ノブヒコ

1932年生まれ。早稲田大学文学部英文学科卒業。作家。著書に『東京少年』『日本橋バビロン』『流される』の三部作、『日本の喜劇人』『つなわたり』『おかしな男 渥美清』ほか。近著は『わがクラシック・スターたち』。

この本の内容

高度成長の頃、東京中で建設ラッシュという名の町殺しが行われた。その後東京はどんな町になったのだろう。日本橋に生まれ育ち、青山・六本木で青春を過ごした著者が、東京オリンピックを境に急激に変貌を遂げた東京の姿を描いた“極私的東京史”。町歩きには、アラーキーこと荒木経惟氏が同行。

この本の目次

山の手と下町の距離
赤坂・青山
原宿・表参道
六本木界隈
四谷三丁目付近
新宿タイムトンネル
銀座・佃島
渋谷・代官山
池袋・神楽坂
浅草・谷中
大川端・人形町
八年ののち

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可