やくざ親分伝

猪野 健治

名高い親分衆は何を考え、いかに行動したのか? ときに社会の底辺を支え、ときに政財界にも接近したリーダーシップとは?
【解説: 宮崎学 】

やくざ親分伝
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 858円(税込)
  • Cコード:0136
  • 整理番号:い-45-6
  • 刊行日: 2002/11/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:4-480-03788-8
  • JANコード:9784480037886
猪野 健治
猪野 健治

イノ ケンジ

1933年滋賀県生まれ。新聞・雑誌の記者・編集者などを経て、フリージャーナリストとして活躍中。その間、日本ジャーナリスト専門学校専任講師・評議員を務め後進の育成にもあたった。やくざ、右翼、総会屋などをテーマにした分野においては先駆者的な存在であるとともに、いまも第一線で取材・執筆をつづけている。主な著書に『やくざと日本人』『三代目山口組』『やくざ外伝 柳川組二代目』『侠客の条件』『日本の右翼』(以上、ちくま文庫)、『山口組永続進化論』(だいわ文庫)などがある。

この本の内容

現代やくざの典型ともいうべき山口組三代目と、その突撃部隊を率いた男。また独自のネットワークを誇ったてきやの実力者。さらには流血抗争のヤミ市を制覇した男たち。世上に名高い親分衆は、何を考え、何を成し得たのか?強烈なる個性、度量の大きさ、貫禄の重み、発動される暴力…。七人の親分たちの素顔と実像へと迫る。

この本の目次

第1章 新橋ヤミ市の梟雄―カッパの松こと松田義一
第2章 「光は新宿より」―実業家に転じた尾津喜之助
第3章 家名意識の改革を提唱―神農界再興に尽くした芝山益久
第4章 神農界の論客―詩人親分・坂田浩一郎
第5章 柳川組の栄光と挫折―反差別の行動派・谷川康太郎
第6章 “不屈の代紋”の盟主―山口組中興の祖・田岡一雄
別章 南洋を疾駆した大陸極道―異端の国際派アウトロー村岡伊平治

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可