尾崎翠集成 (下)

尾崎 翠 著 , 中野 翠 編集

時間とともに新たな輝きを加えてゆく尾崎翠の文学世界。下巻には『アップルパイの午後』などの戯曲、映画評、初期の少女小説を収録する。

尾崎翠集成 (下)
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 1,540円(税込)
  • Cコード:0193
  • 整理番号:お-37-2
  • 刊行日: 2002/12/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:432
  • ISBN:978-4-480-03792-3
  • JANコード:9784480037923
尾崎 翠
尾崎 翠

オザキ ミドリ

1896-1971。鳥取の生まれ。女学校時代に「文章世界」へ投稿を始める。故郷での代用教員ののち上京、日本女子大に入学、「無風帯から」を発表。女子大中退後、文学に専念、「アップルパイの午後」「第七官界彷徨」で一部の注目をあびる。昭和7年の帰郷後、音信を絶つ。戦後一時、行商をしていた。ついで老人ホーム。「第七官界彷徨」があらためて発見されたのちも、、面会を固辞、ひっそりと死去。

中野 翠
中野 翠

ナカノ ミドリ

コラムニスト、エッセイスト。早稲田大学政経学部卒業。新聞社でのアルバイト、出版社勤務を経て文筆業へ。社会・事件に関する批評のほか、映画や本、落語に関する文章で知られる。1985年、「サンデー毎日」に連載開始、現在も継続中。週刊文春「シネマチャート」評者の一人でもある。著書に、『中野シネマ』(新潮社)、『この世には二種類の人間がいる』(文藝春秋)、『今夜も落語で眠りたい』(文春新書)、『アメーバのように。私の本棚』『小津ごのみ』(共にちくま文庫)、『ごきげんタコ手帖』『金魚のひらひら』『みずいろメガネ』(共に毎日新聞社)『この世は落語』(筑摩書房)など多数。

この本の内容

孤独の中で生まれた閃光にも似た作品群。謎の作家の全容。

この本の目次

青いくし
あさ
悲しみの頃
悲しみを求める心
無風帯から
花束
詩「嵐の夜空」
空気草履
露の珠
頚飾をたずねて
少女(おとめ)ララよ―伝奇物語
「琉璃玉の耳輪」
琉璃玉の耳輪
アップルパイの午後
映画漫想1〜6
「蒼馬を見たり」評
杖と帽子の偏執者
新秋名果
春の短文集
大田洋子と私

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可