田中小実昌エッセイ・コレクション 6 ─自伝

田中 小実昌 著 , 大庭 萱朗 編集

スケベな落書きで性に目覚めた少年時代、戦争時代の過酷な体験、東大に入りストリップの裏方やテキヤになり…。コミさんの一生。
【解説: 鶴見俊輔 】

田中小実昌エッセイ・コレクション 6 ─自伝
  • シリーズ:ちくま文庫
  • 858円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:た-41-6
  • 刊行日: 2003/11/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:4-480-03880-9
  • JANコード:9784480038807

この本の内容

エッセイ・コレクションのしめくくりは「自伝」。呉で過ごした少年時代に始まり、戦争での苛酷な体験、終戦後のストリップ劇場での裏方仕事、それからテキヤの子分になって全国を回り、もぐりこんだ横田基地で米兵たちとおしゃべりしながら翻訳に手を染め、そして…。さまざまなキャリアを経ても、ちっとも変わらないコミさんの視線の妙。

この本の目次

「なまけ者」の価値ある生涯
大正14年…
昭和12年…
昭和17年…
昭和19年…
こわかった看護婦
地獄船の隔離病室
コレラ患者も楽し
炊事係りに魅力
なにかが狂ってた?〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可