果物はどうして創られたか

梅谷 献二 著 , 梶浦 一郎

果物が種の保存のために身につけた甘い香りと果汁は、ヒトの思惑と技術により、すさまじい勢いで創り変えられてきた。進化を急ぐ果物たちの歴史と未来とは?

果物はどうして創られたか
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 1,174円(税込)
  • Cコード:8345
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1994/08/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:B6判
  • ページ数:216
  • ISBN:4-480-04183-4
  • JANコード:9784480041838

この本の内容

果物が種の保存のために身につけた甘い香りと果汁は、ヒトの手によって商品に仕立てられた。よりおいしく、より美しく、思いどおりの時期に実らせるため、果物本来の性質に、ヒトは様々な技術を施してきた。自然の恵みであると同時に経済作物でもある果物がたどったもうひとつの「進化」の歴史とは―。

この本の目次

第1章 果物創世記
第2章 果物を創る
第3章 おいしく・美しく
第4章 病害虫との闘い
第5章 季節と国境を越えて
第6章 未来への志向

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可