カメラマンからカワラマンへ

山田 修二

売れっ子カメラマンが瓦職人に転身。屋根の上の瓦を地べたへ、新しい建築素材に。斬新なアイディアで瓦を使い、自らカワラマンと称する著者が考えていること。

カメラマンからカワラマンへ
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 1,174円(税込)
  • Cコード:8395
  • 整理番号:
  • 刊行日: 1996/09/19
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:B6判
  • ページ数:208
  • ISBN:4-480-04204-0
  • JANコード:9784480042040

この本の内容

国立近代美術館の「現代写真家15人展」に選ばれるなど、カメラマンとしてその作品が高く評価され活躍していた著者は、ある日思いたって淡路島で時給700円の瓦職人に転身した。屋根の上にある瓦を地べたへ、新しい建築素材に。斬新なアイディアで淡路の地場産業に貢献、自らカワラマンと称して日本各地の現場をとびまわりながら、さらに炭焼きへの転身をめざしている。

この本の目次

岩手県九戸郡軽米町へ
断片的な記憶から
桑沢デザイン研究所へ
ひと夏の歩き旅
“野性”があった都市
建築カメラマンへ
住みかた・暮らしかた
1970年代―カメラ雑誌とのかかわり
建築写真の周辺・山田脩二流
写真集『日本村』
淡路島へ
土との暮らし

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可