変容の象徴 (下) ─精神分裂病の前駆症状

C・G・ユング 著 , 野村 美紀子 翻訳

上巻は第一部から第二部第五章まで、下巻は第二部第六章から第八章結びまで、索引を付す。図版上巻173点、下巻127点。
【解説: 秋山さと子 】

変容の象徴 (下) ─精神分裂病の前駆症状
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,540円(税込)
  • Cコード:0111
  • 整理番号:ユ-1-2
  • 刊行日: 1992/06/24
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:416
  • ISBN:4-480-08010-4
  • JANコード:9784480080103

この本の内容

人間の無意識の世界から紡ぎだされた象徴的主題とそれを核にして形成された神話的なイメージや象徴的表現の分析による心の構造の探究。リビドを広義の人間的エネルギーと捉え、新しい地平を切り開いたユング心理学の記念碑。

この本の目次

母から自由になるための戦い
犠牲

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可