東京都市の明治

初田 亨

近代化がすすむなかで、街並はどう変貌したか。棟梁・職人と、市井の人々のエネルギーはいかに発揮されたのか。東京論の先駆。
【解説: 陣内秀信 】

東京都市の明治
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,100円(税込)
  • Cコード:0152
  • 整理番号:ハ-6-1
  • 刊行日: 1994/10/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:288
  • ISBN:4-480-08159-3
  • JANコード:9784480081599

この本の内容

明治以降、近代化がすすむなかで、都市・東京の街並はどのように変貌していったのか。お雇い外国人やエリートの日本人建築家たちがつくる洋風建築ではなく、江戸以来の伝統的な技術を伝承する棟梁・職人たちと市井の人々のエネルギーがつくりだした「伏流」の建築、あるいは和洋折衷の様式に目を向ける。異色の東京論。

この本の目次

序章 都市の街並―近世から近代へ
第1章 爆発する意匠―和洋折衷
第2章 洋風化へのためらい
第3章 洋風意匠の街並へ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可