和辻哲郎 ─近代日本哲学の運命

日本と西欧の間で格闘しつつ近代の危機を生きた和<辻>哲郎。その生い立ちから独自の倫理学構築までを、共感と批判の眼で描き出す。

和辻哲郎 ─近代日本哲学の運命
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,494円(税込)
  • Cコード:0110
  • 整理番号:ユ-2-1
  • 刊行日: 1995/05/08
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-08196-8
  • JANコード:9784480081964

この本の内容

近代日本を代表する哲学者として『古寺巡礼』『風土』『倫理学』などを著した和辻哲郎。その生涯と思想形成を描く。日本国家と運命をともにした和辻は、文化創造こそ世界史における日本の使命だと説く。彼は日本の思想伝統をどうとらえたのか。その文化的ナショナリズムは政治状況とどう向かい合ったのか。その哲学の可能性と問題点はいったい何か。晩年の和辻哲郎に師事した著者が、その思想の全貌を時代のコンテクストを交えながら、共感と批判の眼をもって描く本格的評伝。

この本の目次

序 回想の和辻哲郎
1 村の子の孤独
2 あれかこれか―美と倫理の間に
3 日本回帰の道
4 アカデミズムの異端
5 ヨーロッパの旅
6 マルクス主義とナショナリズム
7 戦争と文化
8 天皇制論争
9 太平洋戦争とは何か
10 和辻倫理学
11 日本思想史における近代
結び 晩年

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可