凡庸な芸術家の肖像 (上) ─マクシム・デュ・カン論

「フロベールの才能を欠いた友人」としてのみ、かろうじてその名をとどめるマクシム・デュ・カン。その 凡庸 な生涯と作品とは?

凡庸な芸術家の肖像 (上) ─マクシム・デュ・カン論
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,601円(税込)
  • Cコード:0198
  • 整理番号:ハ-1-2
  • 刊行日: 1995/06/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ISBN:4-480-08212-3
  • JANコード:9784480082121

この本の内容

「フロベールの才能を欠いた友人」としてのみ、かろうじてその名を文学史の上にとどめるマクシム・デュ・カン。彼の“凡庸”な生涯と作品をたどりながら、1848年のパリ2月革命から19世紀末にいたる、近代が確立期から成熟期へと向かい、時代そのものが人に凡庸たれと要請する大衆の時代が出現するまでの過程を鮮やかに描き出す、豊饒なる文化の詩学。

この本の目次

蕩児の成熟
蕩児は予言する
特権者の代弁
開かれた詩人の誠実
韻文の蒸気機関車
凡庸さの発明
旅行者の誕生
芸術家は捏造される
仮装と失望
写真家は文芸雑誌を刊行する〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可