旧体制と大革命

A・ド・トクヴィル 著 , 小山 勉 翻訳

中央集権の確立、パリ一極集中、そして平等を自由に優先させる精神構造――フランス革命の成果は、実は旧体制の時代にすでに用意されていた。

旧体制と大革命
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,500円+税
  • Cコード:0131
  • 整理番号:ト-6-1
  • 刊行日: 1998/01/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:576
  • ISBN:978-4-480-08396-8
  • JANコード:9784480083968

この本の内容

フランス革命後の社会は、旧体制(アンシャン・レジーム)の社会から截然と区別される―通説と化してしまったこの命題を否定するところから、トクヴィルは出発する。中央集権のもとでの行政の専制化、画一的支配の浸透、パリ一極集中、こうした要素は革命がもたらしたものではなく、すでに旧体制のなかに用意されていたものだった。近代デモクラシーは必然的に平等化への道を進んだが、公的なものとの関わりを保障する「政治的自由」は、旧体制時代にもはや息の根を止められてしまっていた。近代は「画一化」と「自由の窒息」を引き受けなければならないのか?現代社会に対する透徹した予見と病理学的診断を含んだ政治思想史の金字塔。

この本の目次

1 一七八九年以前と以後におけるフランスの社会・政治状態
2 旧体制と大革命(革命の勃発に関する種々の対立した見解
通説では、革命の根本的・究極的目的は宗教的権力を打破し、政治的権力を弱体化することだったとされているが、実際はそうではなかった、その理由は何か
フランス革命は政治革命でありながら、どのようにして宗教革命と同じ過程をたどったのか、その原因は何か
ヨーロッパのほとんどすべての国々は、どうしてまさに同一の諸制度をもっていたのか、そして、これらの諸制度はどうしていたるところで崩壊してしまったのか
フランス革命の本来の成果は何だったのか
フランスでは、封建的賦課租がなぜ他のいかなる国よりも民衆に忌み嫌われたのか
通説とは反対に、行政的中央集権は旧体制の一制度であって、フランス革命と第一帝政の産物ではない、その理由は何か
今日、行政の後見的監督と呼ばれるものは、どうして旧体制の制度と言えるのか
行政裁判と役人の身分保障はどうして旧体制の制度と言えるのか
中央集権はどうして、このように旧権力のなかに侵入し、それを破壊することなく、とって代わることができたのか ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可