西・中央アフリカ、南・北アメリカの宗教、日本の神道と民俗宗教。啓蒙期以降ヨーロッパの宗教的創造性と世俗化などを収録。全8巻完結。

世界宗教史 8
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,870円(税込)
  • Cコード:0122
  • 整理番号:エ-3-8
  • 刊行日: 2000/10/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:400
  • ISBN:978-4-480-08568-9
  • JANコード:9784480085689

この本の内容

1986年、M・エリアーデの死によって、大著『世界宗教史』は未完の書として残された。その愛弟子であり学問的後継者であったヨアン・P・クリアーヌは、エリアーデから最終巻の編集を依頼され、師の精神と構想に基づいてまとめる作業を行ったが、中途、彼もまた不慮の死を遂げてしまう。最終刊のドイツ語原本の版元ヘルダー社は、エリアーデ、クリアーヌの意を受け、著名な宗教学者や民族学者の協力を得てそれを完成させた。これにより、既刊分では論じられなかった諸地域がカバーされることとなった。文庫版第8巻は、西・中央アフリカ、南米インディオ、北米オグララ・スー族、日本の神道、啓蒙主義以降のヨーロッパなど各地の宗教。全8巻完結。

この本の目次

第45章 家族共同体と宇宙の諸力―西アフリカの宗教における宗教的根本思想
第46章 中央アフリカ東部における宗教的概念の諸相
第47章 シャーマニズムと死者の国への旅―南米低地インディオの宗教的表象
第48章 サン・ダンス―北アメリカのオグララ・スー族における宗教的世界像と儀礼
第49章 神道と民俗宗教―日本の宗教の歴史的展開
第50章 日本の民衆宗教―日本宗教の統合的理解のために
最終章 啓蒙主義以降のヨーロッパにおける宗教的創造性と世俗化

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可