右手の優越 −宗教的両極性の研究

エルツ

右手の名誉と特権に対して、左手は常に隷従の立場におかれている。この人類共通の謎に対するフランス社会学黄金期の著作。併録「死の宗教社会学」

右手の優越 −宗教的両極性の研究
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,045円(税込)
  • Cコード:0139
  • 整理番号:エ-6-1
  • 刊行日: 2001/06/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:4-480-08638-2
  • JANコード:9784480086389

この本の内容

現在の象徴体系、認識体系研究の先駆けとなったフランス社会学黄金期の著作。論文「死の宗教社会学」を併録する。

この本の目次

死の宗教社会学―死の集合表象研究への寄与(あいだの期間
最終の儀式)
右手の優越―宗教的両極性の研究(有機体の非対称性
宗教的両極性
右と左の特徴
両手の機能)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可