百鬼夜行の見える都市

田中 貴子

古代末から中世にかけ頻発した怪異現象・百鬼夜行を手掛りに、平安京・京都という都市と王権が抱え込んできた闇に大胆に迫る。図版多数。
【解説: 京極夏彦 】

百鬼夜行の見える都市
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,210円(税込)
  • Cコード:0139
  • 整理番号:タ-22-1
  • 刊行日: 2002/12/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:320
  • ISBN:4-480-08731-1
  • JANコード:9784480087317

この本の内容

「鬼」とは、「百鬼夜行」とは、そもそもいったい何だったのか。古代末から中世にかけて、王都・平安京に頻発した「百鬼夜行」という怪異現象を手がかりに、都市と王権が宿命として抱え込まざるをえなかった闇の領域を凝視し、目に見えない「心の鬼」が、可視的に形像化されていくプロセスに大胆に迫る。著者の視線の行き着く先は、民俗学的研究、国文学的研究を遙かに超え、都市のメカニズムや現象を生み出した人々の心性にまで及び、従来の「定説」の枠組みそのものまでを無化する画期的な論考。図版多数収録。

この本の目次

1 「心の鬼」が見えるまで
2 幻視する「都市」
3 空虚な中心
4 夜歩く
5 橋のたもとには…
6 捨てられたものの物語
7 闇の中の祭

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可