誤りから救うもの ─中世イスラム知識人の自伝

ガザーリー 著 , 中村 廣治郎 翻訳

中世イスラム最大の思想家の自伝。一知識人の内面の軌跡にとどまらず、イスラム世界の変容、自己と文明の解体と再統合を活写する第一級資料。

誤りから救うもの ─中世イスラム知識人の自伝
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,045円(税込)
  • Cコード:0114
  • 整理番号:カ-24-1
  • 刊行日: 2003/08/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:224
  • ISBN:4-480-08779-6
  • JANコード:9784480087799

この本の内容

若くして当代最高の学者、聖職者の地位に登りつめた男に何が起こったのだろうか?突如襲った懐疑、放浪と修業、孤独と隠遁の日々…神学も哲学も真理を保証せず、正統・異端を問わず、権威によりかかっているだけでは信仰の確信には至りえない。遍歴の果てに見出されたものは?ガザーリーの「自伝」であり「弁明」でもある本書からは、特異な生涯を送った一知識人の内面の軌跡だけではなく、激動の歴史にさらされたイスラム世界全体の変容が読み取れる。知と信の分裂、自己と文明の解体、さらにはそれらの克服と再統合への道を証言する第一級のドキュメント。詳細な注と力作解説を併載した新訳決定版。

この本の目次

第1章 真理の探究
第2章 懐疑と知識の否定
第3章 真理探求者の種類(神学―その目的と成果
哲学
タァリーム派とその危険性
スーフィーの道)
第4章 啓示の本質とその必要性
第5章 引退後に再び教鞭をとった理由

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可