二〇世紀精神病理学史

渡辺 哲夫

〈力としての歴史〉の喪失、それが二〇世紀的狂気である。失敗した学問・精神病理学の様相と運命を描き、人間の最奥を問う衝撃の意欲作。

二〇世紀精神病理学史
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,100円+税
  • Cコード:0111
  • 整理番号:ワ-8-3
  • 刊行日: 2005/01/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:304
  • ISBN:4-480-08892-X
  • JANコード:9784480088925

この本の内容

言葉、物、思考、行動、感覚、感情の動きかた、自己性と他者性、時間分節―人間を成立させている、これらすべてが“力としての歴史”に依拠している。逆に、ひとたびそれを失えば、人間は“狂気”という名の祝祭に入っていく。二〇世紀的狂気と、それを追尋してきたはずの、精神病理学の失敗の意味と運命、そしてそこで照射されてくる人間の最奥部を問う。衝撃の意欲作。

この本の目次

歴史の概念
失敗した学問
分裂病と“歴史不在”
分裂病中心主義の世紀
病みゆく大衆
フロイトの遺言
ナチズム―“歴史不在の想起”としての
人間学的不均衡の根源について
「病みゆく」ことへの抵抗
“歴史”は病まない、ただ消え去るのみ
「病む」ことの自乗を生きるひとたち
精神病理学の潜勢力
来るべき精神病理学に向けて

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可