否定的なもののもとへの滞留 ─カント、ヘーゲル、イデオロギー批判

スラヴォイ・ジジェク 著 , 酒井 隆史 翻訳 , 田崎 英明 翻訳

ラカンの精神分析手法でポストモダン的状況を批評してきた著者が、この大部なる主著でドイツ観念論に対峙し、否定性を生き抜く道を提示する。

否定的なもののもとへの滞留 ─カント、ヘーゲル、イデオロギー批判
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:0110
  • 整理番号:シ-19-1
  • 刊行日: 2006/01/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:560
  • ISBN:4-480-08931-4
  • JANコード:9784480089311
スラヴォイ・ジジェク
スラヴォイ・ジジェク

ジジェク,スラヴォイ

1949年スロヴェニア生まれ。哲学者、精神分析家、文化批評家。現在は、リュブリアナ大学社会学研究所の上級研究員など。現代政治から大衆文化まで扱うラカン派マルクス主義者。著書に『大義を忘れるな』(青土社)、『パララックス・ヴュー』(作品社)、『ロベスピエール/毛沢東』(河出文庫)、『ラカンはこう読め!』(紀伊國屋書店)、『否定的なもののもとへの滞留』(ちくま学芸文庫)他多数。

この本の内容

ソ連・東欧社会主義解体ののち、ナショナリズムの暴走や民族紛争が多発する今日のポストモダン的状況の中で、「主体」は空疎化の一途をたどっている。この袋小路は、打破できるのか?「できる。哲学によって」というのが著者ジジェクの主張である。ラカンの精神分析理論を駆使し、映画やオペラを援用しつつ、カントからヘーゲルまでドイツ観念論に対峙することで、主体の「空虚」を生き抜く道筋を提示する。時代を逆撫でする「スロヴェニアの知の巨人」が、「否定的なもののもとに滞留すること」(ヘーゲル)を引き受けることに現代人の生存可能性を見出す渾身の大著。

この本の目次

第1部 コギト―主体と呼ばれる空虚(「考える私あるいは彼あるいはそれ(「モノ」)」
コギトと性的差異)
第2部 ゆえに―弁証法的誤謬推理(根源的「悪」と関連する事柄
イデオロギーの理論としてのヘーゲルの「本質の論理」)
第3部 われあり―享楽のループ(「おまえを傷つけたその槍だけが、その傷を癒すことができる」
汝のネーションを汝自身として享楽せよ!)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可