カントの法論

中島 義道

「身体」「他者」「法」という、従来のカント理解では周辺的なものと見られてきた概念の検討を通して、カント哲学の新たなイメージを指し示す。

カントの法論
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,100円(税込)
  • Cコード:0110
  • 整理番号:ナ-8-2
  • 刊行日: 2006/09/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:272
  • ISBN:4-480-09015-0
  • JANコード:9784480090157
中島 義道
中島 義道

ナカジマ ヨシミチ

1946年福岡県生まれ。東京大学法学部卒。同大学院人文科学研究科修士課程修了。ウィーン大学基礎総合学部修了(哲学博士)。電気通信大学教授を経て、現在は哲学塾主宰。著書に『私の嫌いな10の言葉』『私の嫌いな10の人びと』(以上、新潮文庫)『哲学の教科書』(講談社学術文庫)『哲学の道場』『人生を〈半分〉降りる――哲学的生き方のすすめ』(以上、ちくま文庫)『反〈絆〉論』(ちくま新書)『明るいニヒリズム』(PHP文庫)『生き生きした過去――大森荘蔵の時間論、その批判的解読』(河出書房新社)などがある。

この本の内容

「私の身体」は世界の「うち」に一定の場所を占める固有の身体=物体であるが、同時にその固有の位置を「越えて」世界全体を開く超越論的身体でもある。この二重の機能をもった固有の身体を通して、「私」は時間・空間を開くのみならず、そこに位置するもろもろの物体を秩序づける能力をもつのである―カントの超越論的観念論における空間と身体との根源的関係をえぐり出し、ニュートン的自然とは異なるカント独自の自然観を解明する。また、行為の道徳性の根拠をめぐる適法性と内的動機との関連についての考察から、カント倫理学における「法論」の位置を見定める。

この本の目次

第1章 カントの身体論(身体に対する自然
超越論的身体)
第2章 カントの他者論(自由な他者の存在
私の時間・他者の時間)
第3章 カントの法論(カント倫理学における法論の地位)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可