シーボルト 日本植物誌

P.F.B.フォン・シーボルト 著 , 大場 秀章 監修

美しいカラー図版150点
麗しのフロラ・ヤポニカ

シーボルトが遺した民俗学的にも貴重な『日本植物誌』よりカラー図版150点を全点収録。オリジナル解説を付した、読みやすく美しい日本の植物図鑑。

シーボルト 日本植物誌
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,870円(税込)
  • Cコード:0145
  • 整理番号:カ-26-1
  • 刊行日: 2007/12/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:352
  • ISBN:978-4-480-09123-9
  • JANコード:9784480091239
P.F.B.フォン・シーボルト
P.F.B.フォン・シーボルト

シーボルト,P.F.B.フォン

1796-1866年。ドイツ出身の医学者・博物学者。1823(文政6)年に、長崎のオランダ商館の医師として着任。日本の動植物・地理・歴史・言語などを研究。私塾「鳴滝塾」を開いて実地に診療しつつ医術を伝授した。29年離日。日本滞在中の研究成果は『日本』『日本動物誌』『日本植物誌』などにまとめられ、広くヨーロッパに紹介された。

大場 秀章
大場 秀章

オオバ ヒデアキ

1943年東京生まれ。東京大学名誉教授、同大学総合研究博物館特任研究員、植物多様性・文化研究室代表。理学博士。植物分類学専攻。著書に、『シーボルト 日本植物誌』(ちくま学芸文庫)、『江戸の植物学』(東京大学出版会)、『植物学のたのしみ』(八坂書房)、『ヒマラヤを越えた花々』(岩波書店)、『バラの誕生』(中公新書)、『道端植物園』(平凡社新書)、『植物分類表』(アボック社)、『植物は考える―彼らの知られざる驚異の能力に迫る』(KAWADE夢新書)など多数。

この本の内容

文政期の日本で、多くの門人を育て、医学の発展に大きな足跡を残したシーボルト。彼はまた、植物学に造詣の深い博物学者でもあった。日本の植物を初めてヨーロッパに紹介したシーボルトの『日本植物誌』は、植物学的にも、民俗学や文化史の観点からも、またボタニカルアート(植物画)としても、今も高く評価される貴重な資料である。そこには、当時シーボルト本人が目にしたさまざまな日本の植物の姿と特徴を描いた、美しい彩色図版150点が収められている。その全点を再現収録、日本の植物についてのシーボルトの覚書きや最新の研究知見を踏まえた書き下ろし解説を付す。

この本の目次

シキミ
シイ
レンギョウ
オキナグサ
シュウメイギク(別名キブネギク)
ウツギ
マルバウツギ
ヒメウツギ
ツクシシャクナゲ
キリ〔

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可