国語辞典の名語釈

武藤 康史

あの語釈に惚れぼれ!
辞書作りのドラマに涙!

時代と共に姿を変える言葉の数々を辞書の語釈に読み取り、名語釈を楽しもう。語釈にこだわった人々の逸話も満載。前代未聞の国語辞典年表付。

国語辞典の名語釈
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,045円(税込)
  • Cコード:0181
  • 整理番号:ム-3-1
  • 刊行日: 2008/07/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-09153-6
  • JANコード:9784480091536
武藤 康史
武藤 康史

ムトウ ヤスシ

1958年、東京生まれ。映画、演劇、文学、辞書史、書誌学など広いジャンルで評論家として活躍。慶應義塾大学文学部国文科卒。同大学院修士課程修了。主な著書に『文学鶴亀』『旧制中学入試問題集』『国語辞典で腕だめし』など。編書に『里見?作品集 秋日和・彼岸花』『林芙美子随筆集』など。共訳に『明かりが消えて映画がはじまる ポーリン・ケイル映画評論集』などがある。

著者からのメッセージ

「国語辞典年表」を書いて[全文を読む]

この本の内容

いつの時代にも多くの読者とともにあり、何かにつけて参照され、「日本語」において大事な役割を果たして来た数々の国語辞典―明治から戦後のあの時代、こんなことばが用いられ、こんな用例があった!『辞林』が載せたピアノの音色とは?芥川の批評が『大言海』の語釈を変えた?!腹を抱えたり、膝を叩くような名語釈や辞書史上のあれこれを稀代の辞書愛好家が開陳。いつの間にか忘れ去られてしまった昔の国語辞典の数々を掘り出して、愛おしむ、辞書フリーク必読の書。文庫化に際し、新たに前代未聞の国語辞典年表を付す。

この本の目次

国語辞典で楽器の音色はどのように書かれたか
『大辞典』の笑い声
『辞林』『広辞林』のことわざの解釈
大西巨人と『広辞林』
『明解国語辞典』復刻版に寄せて
『日本国語大辞典』第二版に至る道
『袖珍コンサイス和英辞典』に引かれた日本語の用例

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可