般若経

平井 俊榮 訳注

日本人のこころの糧

日本人のこころの糧として、多くの人びとに読み継がれてきた仏教の根本経典。『般若心経』(全)、『金剛般若経』(全)、『大品般若経』(五篇)を収録。

般若経
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:0115
  • 整理番号:ヒ-13-1
  • 刊行日: 2009/10/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:496
  • ISBN:978-4-480-09247-2
  • JANコード:9784480092472
平井 俊榮
平井 俊榮

ヒライ シュンエイ

1930年生まれ。58年駒澤大学仏教学部卒業。64年東京大学大学院印度哲学専攻博士課程満期退学。専門は中国仏教。駒澤大学、東京大学などで教鞭をとる。駒澤大学学長、仏教学術振興会理事などを歴任。その間、日本学士院賞、瑞宝中綬章などを受ける。著書に、『中国般若思想史研究──吉蔵と三論学派』、『法華文句の成立に関する研究』、『法華玄論の註釈的研究』(正・続)など多数。

この本の内容

大乗を最初に宣言した、仏教の根本経典。本書は、厖大な般若経典の中から、最も流布している玄奘訳『般若心経』と鳩摩羅什訳『金剛般若経』、それに鳩摩羅仇訳『大品(だいぼん)般若経』の中の重要な五品を収録。それぞれ、原文・読み下し文・現代語訳・語注で構成する。大乗仏教の中心理念「空」とは固定的実体のないことをいう。『般若心経』はその空の思想の心髄を示し、『金剛般若経』は倫理的実践を空の思想によって基礎づける。『大品般若経』はこのうえない真実の完全なるさとりの智慧を教える。古来、宗派を超えて多くの人びとに読み継がれ、日本人のこころの糧となっている経典。

この本の目次

般若心経
金剛般若経
大品般若経(習応品
大明品
随喜品
薩陀波崙品“常啼品”
曇無竭品“法尚品”)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可