聖書の起源

山形 孝夫

治癒神イエスを生んだ
異教の神々の系譜

治癒神イエス誕生の背後には異教の神々の系譜があった。さまざまな古代信仰の歴史を辿り、聖書を人々の望みと悲哀の結晶として読み解く名著。

聖書の起源
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,045円(税込)
  • Cコード:0166
  • 整理番号:ヤ-20-1
  • 刊行日: 2010/01/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-09269-4
  • JANコード:9784480092694
山形 孝夫
山形 孝夫

ヤマガタ タカオ

1932年生まれ。東北大学文学部卒。同大学院博士課程修了。宮城学院女子大学教授、学長を歴任し、現在同大学名誉教授。専攻は宗教人類学。著書に『聖書の起源』(ちくま学芸文庫)、『レバノンの白い山──古代地中海の神々』(未來社)、『聖書物語』(岩波書店)、『砂漠の修道院』(平凡社)、『死者と生者のラスト・サパー』(朝日新聞社)、『図説聖書物語 旧約篇』『図説聖書物語 新約篇』『聖母マリア崇拝の謎』(河出書房新社)など多数。

この本の内容

キリスト教の正典、「聖書」―その奥にひそむのは、古代オリエントやギリシアのあらゆる神々の姿が織り込まれ、ユダヤ民族悠久の歴史が幾重にも積み重ねられた、多文化的な空間であった。異教のバァール神話の死と復活のドラマ。ギリシア神話のアドニスとアフロディテの出会いと別れの物語。エーゲ海であがめられた治療の神アスクレピオス。治癒神イエス登場の背後には、これら異端の神々の系譜を透かし見ることができる。従来の宗教学的解釈では光をあてられることのなかったこの歴史を、宗教人類学の視線から掘り起こし、のちの聖書の読みを決定づけた古典的名著。

この本の目次

聖書をめぐる謎
第1部 旧約聖書の原像(土地取得伝承―砂漠のなかの寄留者
契約祭儀伝承―ヤハウェ共同体の論理と行動)
第2部 カナンの神々の系譜(死と再生の神々―バァールとアドニス
病気なおしの神々―エシュムンとアスクレピオス)
第3部 新約聖書の成立(治癒神イエスの登場
イエスとアスクレピオスの競合と葛藤
新約聖書の虚と実)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可