禅に生きる 鈴木大拙コレクション

鈴木 大拙 著 , 守屋 友江 編訳

困難な時代を生きた
仏教者の真摯な肉声

静的なイメージで語られることの多い大拙。しかし彼の仏教は、この世をよりよく生きていく力を与えるアクティブなものだった。その全貌に迫る著作選。

禅に生きる 鈴木大拙コレクション
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,650円(税込)
  • Cコード:0115
  • 整理番号:ス-13-1
  • 刊行日: 2012/03/07
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:432
  • ISBN:978-4-480-09445-2
  • JANコード:9784480094452
鈴木 大拙
鈴木 大拙

スズキ ダイセツ

1870-1966年。世界中の人々に影響を与えた仏教者。「大拙」は円覚寺に参禅し、師・釈宗演より授けられた居士号で、本名は貞太郎。1897年に渡米し、出版社にて禅思想の英訳本を刊行。1909年の帰国後も、大乗仏教を広く世界に発信した。『日本的霊性』、『禅』など著書多数。

守屋 友江
守屋 友江

モリヤ トモエ

1968年生。阪南大学教授。明治学院大学大学院国際学研究科博士後期課程修了。専門は宗教思想史。スタンフォード大学文化社会人類学部客員研究員、デューク大学神学部客員教授等を歴任。著書に『アメリカ仏教の誕生』、翻訳書に『ビルマ仏教徒民主化蜂起の背景と弾圧の記録』がある。

この本の内容

日本が生んだ世界で一番有名な仏教者・鈴木大拙。禅に関する書物を数多く英語で出版し、たびたび海外に招かれ講演を行った大拙の仏教は、日本の仏教徒のみならず、ユングやハイデガーといった西洋の思想家をはじめ、ビート・ジェネレーションと呼ばれる人々をも魅了した。本書では、今では読むことが難しい、雑誌への投稿論文や、西田幾多郎ら近しい人たちへ宛てた書簡を、編年体で収録。すべてを知ることのできる仏の智慧=「般若」と、すべての生きとし生けるものを救う仏の慈悲心=「大悲」が融合する大拙特有の「禅」がどのように作り上げられていったのか、その思想の道すじが分かる、学芸文庫オリジナル編集。

この本の目次

在米時代(一八九七〜一九〇八年)(旅のつれづれ(抄)
一八九八年三月三十日 西田幾多郎宛書簡 ほか)
帰国後(一九〇九〜一九二〇年)(緑陰漫語(抄)
一九一一年二月二十三日 ポール・ケーラス宛書簡 ほか)
京都時代(一九二一〜一九三〇年)(政治より宗教へ
起て若い君等よ ほか)
十五年戦争期(一九三一〜一九四五年)(日本精神と禅の側面観
一九三六年二月二十七日 山本良吉宛書簡 ほか)
敗戦後(一九四五〜一九六六年)(一九四五年八月十六日 加納実宛書簡
一九四五年八月二十二日 務台理作宛書簡 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可