和訳 聊斎志異

蒲 松齢 著 , 柴田 天馬 翻訳

精巧絶倫(すぐれてじょうず)
なひとだこと

中国清代の怪異短編小説集。仙人、幽霊、妖狐たちが繰り広げるおかしくも艶やかな話の数々。日本の文豪たちにも大きな影響を与えた一書。
【解説: 南條竹則 】

和訳 聊斎志異
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,400円+税
  • Cコード:0197
  • 整理番号:ホ-17-1
  • 刊行日: 2012/05/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:416
  • ISBN:978-4-480-09456-8
  • JANコード:9784480094568
蒲 松齢
蒲 松齢

ホ ショウレイ

1640-1715年。山東省?川の名家に生まれる。神童として知られたが、科挙の試験には失敗。教師などをしながら糊口をしのいだ。20歳から小説を書きはじめ、40歳の時に『聊斎志異』を完成させた。

柴田 天馬
柴田 天馬

シバタ テンマ

1872-1963年。鹿児島県生まれ。中国文学者。満州で『聊斎志異』の魅力にとりつかれ、翻訳を始める。1919年、『和訳 聊斎志異』を玄文社から出版。1951-52年に『全訳 聊斎志異』を、1953年に『聊斎志異研究』を創元社から刊行し、1953年毎日出版文化賞を受賞。

この本の内容

妖艶な美女やいたいけな少女に化けた妖怪、狐、狸、鬼たちと、いずれもまじめな主人公たちが繰り広げる、艶やかで面白おかしい物語の数々。中国怪異文学の金字塔。全446篇のうち特に面白い35篇を精選し、中国語原文の雰囲気を残しながら、独特のルビづかいで読ませる柴田天馬の名訳・玄文社版(1919年刊)を文庫化。

この本の目次

王成
成仙
陸判
侠女
瞳人語
聶人倩
阿宝
竹青
嬰寧
嘉平公子〔ほか〕

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可