哲学ファンタジー ─パズル・パラドックス・ロジック

レイモンド・スマリヤン 著 , 高橋 昌一郎 翻訳

心とは、心理とは、認識とは…
究極のなぞに迫る
珠玉の思考実験集

論理学の鬼才が、軽妙な語り口ながら、切れ味抜群の思考法で哲学から倫理学まで広く論じた対話篇。哲学することの魅力を堪能しつつ、思考を鍛える!

哲学ファンタジー ─パズル・パラドックス・ロジック
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,540円(税込)
  • Cコード:0110
  • 整理番号:ス-16-1
  • 刊行日: 2013/07/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:336
  • ISBN:978-4-480-09557-2
  • JANコード:9784480095572
レイモンド・スマリヤン
レイモンド・スマリヤン

スマリヤン,レイモンド

1919年生まれ。ダートマス大学、プリンストン大学、ニューヨーク市立大学での教職を経て、インディアナ大学哲学科名誉教授。専門の論理学、哲学、数学に加えて、ピアニスト、マジシャン、ユーモア作家としての活動など、多面的な才能で知られる。著書に『この本の名は?』『記号論理学』『スマリヤンの無限の論理パズル』『スマリヤンの決定不能の論理パズル』『スマリヤンの究極の論理パズル』など多数。

高橋 昌一郎
高橋 昌一郎

タカハシ ショウイチロウ

1959年生まれ。ウエスタンミシガン大学数学科および哲学科卒業後、ミシガン大学大学院哲学研究科修士課程修了。テンプル大学専任講師などを経て、現在、国学院大学文学部教授。専門は、論理学・哲学。著書に『知性の限界』『理性の限界』『ゲーデルの哲学』(以上、講談社現代新書)『哲学ディベート』(NHKブックス)『科学哲学のすすめ』(丸善)などがある。

この本の内容

論理学の鬼才が、対話形式の軽妙な語り口で、哲学の究極のなぞに挑む。この世界ははたして本当に現実なのか?ひょっとすると私たちは夢を見ているだけなのではないか?心と身体はどういう関係にあるのか?認識するとは、信じるとはどういうことなのか―考えれば考えるほど不思議な哲学の問題から、生と死といった倫理問題まで徹底的に鋭く切り込む!論理学・哲学の基礎用語や人物を丁寧に解説した便利な訳註とともに読めば、予備知識ゼロでも自力で高度な思考を展開できるようになること間違いなし。哲学することの魅力とスリルを存分に味わえる、極上の思考実験集。

この本の目次

第1部 あなたはなぜ正直なのか(あなたはなぜ正直なのか
あるパズル)
第2部 一般的な概念(さまざまな断片
ある論争)
第3部 三つのファンタジー(シンプリカスと木―郊外でのシンポジウム
認識論的な悪夢
心身問題のファンタジー)
第4部 生きるべきか死すべきか(生きるべきか死すべきか
生と死の禅
そこに何があるのか)
第5部 結末のファンタジー(夢か現実か
悟りを開いた唯我論
紀元前五千年)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可