真珠湾収容所の捕虜たち ─情報将校の見た日本軍と敗戦日本

オーテス・ケーリ

日本人の本質を喝破し、
戦後日本を震撼させた
幻の名著

流暢な日本語を駆使する著者の「人間主義」は、「戦陣訓」の日本兵をどう変えたか。戦前・戦後の日本および日本人の、もうひとつの真実。
【解説: 前澤猛 】

真珠湾収容所の捕虜たち ─情報将校の見た日本軍と敗戦日本
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,540円(税込)
  • Cコード:0131
  • 整理番号:ケ-8-1
  • 刊行日: 2013/07/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:368
  • ISBN:978-4-480-09560-2
  • JANコード:9784480095602

この本の内容

ホノルル捕虜収容所に、べらんめえ口調で日本人捕虜たちの度肝をぬいた海軍将校がいた。宣教師の家に生まれ、14歳まで日本で過ごした彼は、捕虜からの情報収集を担当する。アッツ、ガダルカナル、サイパンの「玉砕」。犬も鼠も食べ尽くした地獄さながらのマーシャル諸島。しかし「人情=人間主義」は国や立場を超えるという信念のもと、まず日本兵の階級意識を破壊し、捕虜は恥ではないことを徹底して説く彼の姿は、やがて捕虜たちの自発性を促す。本土に撒かれた「ポツダム宣言」の和訳のビラは、国を想う彼らの協力で生まれた。敗戦後は日本の民主化に努めた。

この本の目次

第1部 戦争(学徒兵
“ズーズー湖畔の宿”
緑の島サイパン ほか)
第2部 日本進駐(“マッカーサーに頼め”
大っきなニコニコ顔
そうねぇー ほか)
第3部 日本の若い者(あの道再び
漫画教育
パリパリ会 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可