オペラの終焉 ─リヒャルト・シュトラウスと〈バラの騎士〉の夢

岡田 暁生

芸術か娯楽か、前衛か古典か
西洋音楽史の大転換点

芸術か娯楽か、前衛か古典か――。この亀裂を鮮やかに乗り越えて、オペラ黄金時代の最後を飾った作曲家が、のちの音楽世界にもたらしたものとは。

オペラの終焉 ─リヒャルト・シュトラウスと〈バラの騎士〉の夢
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,430円(税込)
  • Cコード:0173
  • 整理番号:オ-22-1
  • 刊行日: 2013/12/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:384
  • ISBN:978-4-480-09578-7
  • JANコード:9784480095787
岡田 暁生
岡田 暁生

オカダ アケオ

1960年京都生まれ。京都大学人文科学研究所教授。専門は近代西洋音楽史。『西洋音楽史』(中公新書 2005年、韓国語版 2009年)、『音楽の聴き方』(中公新書 2009年、吉田秀和賞受賞)など、西洋音楽を独自の視点から、やさしく読み解いた著書の多くで広く知られる。他の著書に、『オペラの運命』(中公新書 2001年、サントリー学芸賞受賞)、『ピアニストになりたい!』(春秋社 2008年、芸術選奨文部科学大臣新人賞受賞)、『恋愛哲学者モーツァルト』(新潮選書 2008年)、『楽都ウィーンの光と陰』(小学館 2012年)など多数。

この本の内容

芸術か娯楽か、前衛か古典か―。音楽がこの深い亀裂の前に立たされた20世紀初頭、それらを見事に調和させて時代の寵児となったのがR・シュトラウスだ。とくにその力のすべてが結晶化された『バラの騎士』は、オペラの幸福な黄金時代の最後の輝きといえる。不協和音を大量に用い、芸術的な実験性を追求しつつも、クライマックスでは映画音楽と見紛う甘い調性を美しく響かせ、音楽に夢を求めた大衆の願望に応えたこの鮮やかな作品は、その後の音楽に何をもたらしたのか。

この本の目次

『バラの騎士』が生まれた時代
第1部(楽劇・ヴェリスモ・メルヘン―ポスト・ワーグナー時代のオペラ状況
陶酔と抽象―『サロメ』と『エレクトラ』の詩学
「モーツァルトへ帰れ!」―ロココ・ブームと喜劇オペラの復興)
第2部(二重ストーリーと様式交差―台本構造への一瞥
仮面と素顔―様式混合の問題
調和の幻想―様式統一の問題
夢の終わりに―『バラの騎士』の詩学)
私はこの世に忘れられ―シュトラウスと二十世紀オペラ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可