絶対的な道徳ってあるの?
だからこそ学ぶ倫理学の知恵。

正義とは何か? なぜ善良な人間であるべきか? 倫理学の重要論点を見事に整理した、道徳的カオスの中を生き抜くためのビジュアル・ブック。

ビギナーズ 倫理学
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,210円(税込)
  • Cコード:0112
  • 整理番号:ヒ-4-8
  • 刊行日: 2014/04/09
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:192
  • ISBN:978-4-480-09589-3
  • JANコード:9784480095893
デイヴ・ロビンソン
デイヴ・ロビンソン

ロビンソン,デイヴ

長年哲学の教鞭をとる。著書に‘Introducing Ethics’‘Intro-ducing Descartes’等の他、ポストモダン文学理論の著書として‘Leading Questions(誘導尋問)’などがある。

鬼澤 忍
鬼澤 忍

オニザワ シノブ

翻訳家。1963年生まれ。成城大学経済学部経営学科卒。埼玉大学大学院文化科学研究科修士課程修了。訳書に、マイケル・サンデル著『これからの「正義」の話をしよう』『公共哲学』、アラン・ワイズマン著『人類が消えた世界』、デイヴ・ロビンソン『ビギナーズ 哲学』などがある。

この本の内容

古典ギリシャ時代から蓄積された重要な論点を、倫理学史を通覧しつつ、きっちり理解することができる。社会契約説・功利主義などの基本的な議論はもちろん、「動物の権利」や「安楽死」など現代的なトピックスについても詳説。道徳的カオスを生き抜くために役立つ、ヒントとウィットに富んだ新訳ビジュアル・ブック。

この本の目次

舞台の準備(10の中心問題
信念体系の社会的起源 ほか)
倫理学小史(ギリシャの都市国家
民主主義 ほか)
倫理学と動物(中傷する哲学者たち
動物の権利 ほか)
倫理学と安楽死(コックス医師とボイズ夫人の裁判
裁判 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可