現代文読解の根底

高田 瑞穂

『新釈 現代文』の姉妹編
リクエストにお応えして
待望の復刊!!

伝説の参考書『新釈 現代文』の著者による、もうひとつの幻のテキストブック。現代文を本当に正しく理解するために必要なエッセンスを根本から学ぶ。

現代文読解の根底
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,045円(税込)
  • Cコード:0195
  • 整理番号:タ-30-2
  • 刊行日: 2014/03/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:240
  • ISBN:978-4-480-09604-3
  • JANコード:9784480096043
高田 瑞穂
高田 瑞穂

タカダ ミズホ

1910(明治43)〜1987(昭和62)年。静岡県生まれ。東京帝国大学文学部国文学科卒業。大学院では国文学のほかに哲学も専攻。府立第一中学校(現・日比谷高校)教諭、成城高等学校(旧制)教授、校長などを経て、1954年に創設された成城大学文芸学部教授に就任。その後、成城大学名誉教授。近代文学研究の第一世代として活躍した。著書に『反自然主義文学』『近代耽美派』『芥川龍之介論考』など多数がある。

この本の内容

ことばの美しさとは何か。日本語を読むとはどういうことか。日本人にとって近代とは何だったのか。本書では、読解の実践的なテクニックとならび、日本近代文学が向き合わざるをえなかったこうした問いにまで、作品を引きつつ考察をくりひろげる。巻末には、現代文の読解に不可欠な概念を解説した便利な用語集つき。

この本の目次

国語学習の重要性
表現の典型としての文学
読解・鑑賞・批評
ことばの美しさ
詩的精神
古い芸術観と新しい芸術観
日本の近代
近代的自我
鴎外と漱石
近代文学の展開
作家の宿命
近代文学のリアリティ

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可