現代小説作法

大岡 昇平

「芸術はとにかく実行なのです」

西欧文学史に通暁し、自らの作品においては常に事物を明晰に観じ、描き続けた著者が、小説作法の要諦を論じ尽くした名著を再び。

現代小説作法
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 1,210円(税込)
  • Cコード:0190
  • 整理番号:オ-1-2
  • 刊行日: 2014/08/06
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-09635-7
  • JANコード:9784480096357
大岡 昇平
大岡 昇平

オオオカ ショウヘイ

1909年東京生まれ。1988年に没す。京都大学仏文科卒業。作家。小説に『俘虜記』『野火』『武蔵野夫人』『花影』『幼年』『少年』、戦記文学に『レイテ戦記』、評論エッセイに『中原中也』『わがスタンダール』『証言その時々』などがある。

この本の内容

「芸術はとにかく実行なのです」西欧文学に通暁し幅広いテーマの名作を書き続けた著者が実践的な小説作法の要諦を論じ尽くした名著。

この本の目次

小説に作法があるかという問題
小説はどう書き出すべきか
作者の位置について
告白について
ストオリーについて
プロットについて
プロットについての続き
主人公について
主人公についての続き
日本文学について
ハムレット
人物について
ムイシキン公爵
小説の世界
小説の中の「橋」について
モデルについて
描写について
小説と映画
心理描写について
自然描写について
自然観の変遷
文体について
行動小説と性格小説
劇的小説
要約

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可