オリンピア ─遺跡・祭典・競技

村川 堅太郎

古代ギリシア世界最大の競技祭とはいかなるものであったのか。遺跡の概要から競技精神の盛衰まで、綿密な考証と卓抜な筆致で迫った名著。解説 橋場弦

オリンピア ─遺跡・祭典・競技
  • シリーズ:ちくま学芸文庫
  • 定価:本体1,000円+税
  • Cコード:0122
  • 整理番号:ム-10-1
  • 刊行日: 2020/06/10
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:文庫判
  • ページ数:256
  • ISBN:978-4-480-09988-4
  • JANコード:9784480099884

この本の内容

オリンピック発祥の地・オリンピア。そこは、古代ギリシアを代表する体育競技の場であっただけでなく、広く古典古代史の結節点でもあった。ゼウス神へ献ずる宗教儀礼=オリンピア祭はいかにして始まり、そこでの競技とはどのようなものであったのか。本書は、オリンピアの発掘史と遺跡の概要を述べた後、興味深い逸話を交えつつ競技祭典の実像に迫る。碩学が明快な筆致で描いた古代ギリシア史の名著。

この本の目次

1 遺跡を訪ねて(早春のオリンピア
夏のオリンピア ほか)
2 競技の誕生(伝説は語る
ミケーネ時代 ほか)
3 オリンピックの成長(主催権争い
参加地域の拡大 ほか)
4 祭典への招待(エケケイリア
大祭迫る ほか)
5 施設の完備と精神の喪失(前四世紀
ヘレニズム時代 ほか)

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳


 男性   女性 

 公開可   公開不可