漢字が日本語になるまで ─音読み・訓読みはなぜ生まれたのか? 

円満字 二郎

中国から伝わった漢字は、日本語にとってかなり不便な文字だった。日本人はどう工夫し使いこなしてきたのか。ことばの奥深さに迫るタイムトラベルに出かけよう!

漢字が日本語になるまで ─音読み・訓読みはなぜ生まれたのか? 
  • シリーズ:シリーズ・全集
  • 1,210円(税込)
  • Cコード:0381
  • 整理番号:
  • 刊行日: 2022/07/12
    ※発売日は地域・書店によって
    前後する場合があります
  • 判型:四六変判
  • ページ数:128
  • ISBN:978-4-480-25134-3
  • JANコード:9784480251343
円満字 二郎
円満字 二郎

エンマンジ ジロウ

1967年生まれ。大学卒業後、出版社で国語教科書や漢和辞典などの編集を担当。2008年に独立。現在はライターとして、より多くの人に漢字の魅力を感じてもらえるよう、辞書やエッセイなどを執筆している。著書に『語彙力をつける 入試漢字2600 』(筑摩書房)、『漢字ときあかし辞典』『部首ときあかし辞典』『漢字の使い分けときあかし辞典』『四字熟語ときあかし辞典』(以上、研究社)、『漢和辞典的に申しますと。』(文春文庫)、『漢字の植物苑』(岩波書店)、『難読漢字の奥義書』(草思社)など多数。

この本への感想投稿

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社HP、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
は必須項目です。おそれいりますが、必ずご記入をお願いいたします。

(ここから質問、要望などをお送りいただいても、お返事することができません。あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちらへ)







 歳

 公開可   公開不可